CeTop 桜(名前紹介)
散歩途中 あちらこちらで桜の写真を撮り、名前が判った桜をページに掲載しました。
※不明な桜がもう少し有りますので、判れば追加します。
pagetop
01.おかめ(おかめ)桜 
早咲きの新種、豆桜(フジザクラ)と寒緋桜との掛け合わせで、
イギリスの研究所で誕生。日本風な名前『おかめ』になった
pagetop
02.枝垂れ(しだれ)桜
彼岸桜の突然変異品で、幹の高い所から枝が横にひろがり
それより細い枝が長く垂れ下がっている。花は一重の淡桃色
pagetop
03.手弱女(たおやめ)桜
京都平野神社境内にある桜で、花は淡紅色で中輪。
花弁数は15~20枚で、内に抱えるような形の美しい桜です。
pagetop
04.染井吉野(そめいよしの)桜
江戸末期頃、駒込染井村の植木屋が初めて出した品種。
成育が速く接木が簡単なため、急速に日本各地に広がりました
pagetop
05.平野匂(ひらのにおい)桜
京都平野神社にある「匂い桜」。山桜で天然品種の香桜です。
pagetop
06.太白(たいはく)桜
イギリスの桜の収集家イングラム氏から接穂が寄贈され、
佐野藤右衛門氏が接木育成した、一重白色大輪の名花です。
pagetop
07.麒麟(きりん)桜
東京「荒川堤」にあった里桜で、花は濃紅紫色で、
花弁数は30~35枚の気品の高い品種。
pagetop
08.白山1号(はくさん一ごう)桜
pagetop
09.大島(おおしま)桜
伊豆七島などに自生する桜で、花は大きく一重の白色で
芳香がある。潮風煙害に強いそうです。
pagetop
10.佐野(さの)桜
京都の佐野園において、牧野富太郎博士がこの桜を
佐野桜と命名した。花は開花が進むと白色となります。
pagetop
11.細川匂(ほそかわにおい)桜
オオシマザクラ系統の桜。山桜で天然品種の香桜です。
pagetop
12.高台寺(こうだいじ)桜
京都洛東高台寺の玄関口にある桜で、花は淡紅白色、
花弁数は10~15枚の優雅な大輪の桜です。
pagetop
13.早晩山(いつなやま)桜
東京荒川堤にあった、大輪、花弁の先端に深い切り込みがあり
花弁の中央に紅の縦線が入るのが特徴、淡紅味を帯びた白色。
pagetop
14.御車返し(みくるまがえし)桜
京都御所にあった里桜の一種。後水尾天皇がお車を返して
観賞されたという故事にこの名が付けられました。淡紅白色。
pagetop
15.大原渚(おおはらなぎさ)桜
ヤマザクラ系 半八重の里桜です。葉っぱが赤っぽい。
名前の由来は不明です。
pagetop
16.普賢象(ふげんぞう)桜
室町時代から京都地方にある、花の中から葉化した
二つの雌しべが突き出し、先端が屈曲する。開花後白色に・
pagetop
17.関山(かんざん)桜
明治初年東京「荒川堤」の桜として有名になった、花は
濃紅大輪で、花弁数は30枚程で、色が濃く、欧米に人気。
pagetop
18.半木(なからぎ)桜 紅枝垂れ
賀茂川半木の道「半木桜」・北大路橋~北山橋東岸に咲く
「紅枝垂れ桜」。色が濃い。
pagetop
19.毛山(けやま)桜
ヤマザクラにくらべ葉柄や小花柄に毛があるため毛山桜
とも呼ばれています。葉の裏は緑色で白っぽくない。
pagetop
20.鞍馬関山(くらまかんざん)桜
八重 葉っぱが赤く光沢がある。関山より色が濃い。
pagetop
21.弓削(ゆげ)桜
ヤマザクラ系のサトザクラ。始めは色が濃い。数が少ない。
pagetop
22.鬱金(うこん)桜
江戸時代に京都知恩院に植えられていたといわれ、樹姿は
直立高木で、花は淡黄緑色。花弁数は10~15枚あります。
pagetop
23.御衣黄(ぎょいこう)桜
花は黄緑色で、開花が進むにつれて花弁の中心に紅色の
縦線が現われる大変珍しい品種。花弁数は15枚程であります
pagetop
24.御室有明(おむろありあけ)桜
京都御室仁和寺にある代表的な里桜で、足もとから淡桃白色の
花が咲き、低木状をなしています。一重八重の優雅な品種。
copyright©2014 Builder Story Inc. all rights reserved.